水晶彫は天草産の上質な白磁の生地に穴をあける作業から始まります。
乾燥前の生地は柔らかく丁寧さとスピードが要求されるとても大切な作業。
その後、カンナで生地に削りを入れます。カンナは器によって一つ一つ違い、使い分けられることで美しいフォルムが生まれていきます。
素焼き後は絵付け。代表的な絵柄、青海波も一つ一つ手書きを行い、繊細な筆づかいが魅力です。
施釉してから、約1300度の窯で焼成したあと秘伝ともいえる粘土を穴につめてもう一度焼き上げます。

こうして手間暇をかけた器は、水晶のような輝きと透明感を生み出す水晶彫となります。
丹心窯はこの独自の技法と伝統ある絵付けをあわせた作風ですが、近年では「今の生活スタイルに似合う新しい水晶彫を作りたい
そんな思いでアクアドット・ヒルハウスなど新たなシリーズが生まれました。

光に輝く美しい器、それが水晶彫の丹心窯です。

1 / 612345...

その他の工房を見る

  • スガハラ
  • 康創窯